あなたの組織的思考はどのくらい優れていますか?

あなたは、競争相手が自分の手中にある何テラバイトもの「膨大なデータ」から得る利益や、ライバルに関する独自の諜報活動を行おうと身構えている競争相手のアナリスト軍団について気を揉んでいるかもしれません。しかし、競争相手がどんなリソースを持っていようと、あなたよりも意義ある審議を可能にする要素は問題解決と意思決定のスピードと正確さ、一言でいえば、思考する能力にある、というのが単純な真実です。

こんな経験をしていませんか?

  • 決定がより高いレベルに送られたり、決定が全く下されない
  • 生産性や品質に影響する問題が何か月も、あるいは何年も未解決のままになっている
  • チームの連携が乏しく、問題を解決するどころか対立を生み出す原因になっている
  • 人々とチームがあまりにも多くの問題、あるいは重要性の低い問題にかかりきりになっており、戦略上の疑問が未解決のままになっている
  • 多数のプロジェクトが実施されるが、多くが予算オーバーしたり、期日に間に合わなかったり、芳しくない結果に終わっている

これらのベストプラクティスに対して、あなたはどうしていますか?

  • あなたの組織には、世界中の組織全体で使用される共通の問題解決言語とアプローチがある。これにより、異なる機能を果たし、異なる文化を持つマネージャーがより効果的かつ効率的に一緒に作業できるようになる。
  • 体系的な問題解決・意思決定戦略を通じて、組織全体の問題解決力を高め、知的資本を築き上げている。
  • 情報を収集、保管、検索する共通のプロセスとツールを導入し、意思決定と問題解決に取り組む際の支えとしている。
     

私たちのソリューション

組織的思考力の構築

課題の大きさに関わらず、組織を成功させる一番の要素は、特にプレッシャーにさらされた時にクリアシンキングができるかどうか、にあります。思考する組織には、部署や時差の壁を越えて効果的なコミュニケーションを行えるチームとリーダーがいます。思考する組織は、素早く、正確に重大な問題を解決することができ、重要な決定を下すことができます。思考する組織には、分析的アプローチをいかに、そしていつ使うか、いつ経験に頼るべきか、さらにチームとしてどうすべきか、理解している人が存在します。

トレーニング