各機能が自己中心的に仕事をこなす世界に生きていませんか?

戦略的な決定は、ビジネスのあらゆる側面、特に今後の成長に影響を与えます。ビジネスの戦略的方向性が不透明なとき、あるいはリーダーたちが共通のビジョンを持って団結していないとき、当然の結果としてもたらされるのは惰性です。多くの場合、欠けている要素は意思決定と変化の推進に対する共通のアプローチです。

こんな経験をしていませんか?

  • 戦略的な決定が、データや構造的な分析よりも権威による影響を受けている
  • 異なる機能の視点から対立する選択の問題を解決するのが困難である
  • 「世界トップクラス」、「xyzにおけるリーダー」といった言葉が使われるが、それが具体的に何を意味するのか説明できる人はほとんどいない
  • 決定が伝統や機運によって影響を受け、斬新な選択肢が検討されない
  • 決定が経営幹部レベルのエグゼクティブによって下されるが、現場では何も起こらない
  • 多数のプロジェクトが立ち上げられるが、完了するものはほとんどなく、何がより重要なのか誰も知らない

これらのベストプラクティスに対して、あなたはどうしていますか?

  • 戦略的決定を下し、戦略を策定するための、明確で共通のデータ主導の意思決定プロセスが存在する
  • 製品・サービス、市場、成長戦略、「どうやって勝つか」について、具体的なビジョンを立て明確に優先順位を定める
  • 機能・部門にまたがる重要な決定が素早く下され、下された決定に対するコンセンサスがある
  • きちんと定義された、測定可能な一連の戦略イニシアチブが存在する。優先順位がつけられ、責任、リソース、期日が割り当てられている
     

私たちのソリューション

戦略策定と実行

どんな組織もどんな機能も、戦略的な枠組みが必要です。これは、すべての活動の背景として機能し、組織として何をするか、何をしないかを定めます。

戦略課題把握と意思決定のファシリテーション

ビジネス上、技術上の問題が相互に関連する現代の複雑な世界では、組織は異なる機能を持った多数のチームと作業をしなければなりません。秘訣は、「感情的な好み」の影響を最小限に抑え、事実に重点を置くことです。証拠に基づいたプロセスを使用すれば、問題をより迅速に解決し、強固で効果的な意思決定が推進できるようになります。

 

トレーニング