2010年度ケプナー・トリゴー インターナショナル・プロセス功績賞 受賞者

2010年度ケプナー・トリゴー インターナショナル プロセス 功績賞 受賞者を謹んで発表いたします。今年も世界中の様々な業界で活躍するクライアント組織の皆様から多数のご応募をいただき、審査はいつも通り困難なものでしたが、ここに以下の受賞者を謹んで発表させていただきます。

大賞受賞者 ― オペレーショナル・エクセレンス部門

グリフィン・フード(ニュージーランド)
Chris Geraphty(KT)推薦

グリフィン・フードはKTのステップ・チェンジモデルを活用して新しい生産ラインの運営効率を向上させました。この生産ラインは廃棄率が高く、故障時間も長くて設計上の欠陥もありました。詳細な分析の結果、一連の改善イニシアチブが選択され、KTプロセスを使用して実施されました。プロジェクトが終了すると、このラインは生産率が30%向上し、運営効率が47%向上しました。この段階的変化を通じた改善により、12か月間のROI(投資利益率)は12:1となりました。

単独活用部門受賞者

UBEグループ(タイ)
Thanachai Kanjanarat(KT)推薦

UBEグループの純ラクタム凝縮チューブ(1330 E7-2)で化学物質の漏出が発生した時、UBEグループはKTプロセスをタイムリーに活用して工場が予期せぬ操業停止に追い込まれるのを阻止し、品質問題に対処して、約10万米ドルのコスト削減を実現しました。KT問題分析プロセスを活用することで、メンテナンスチームは関連のある事実に基づいた情報を収集し、考えられる原因のうち、関係のないものを体系的に排除して、一致団結して真の原因を追究し、時間を節約しました。

 


2010年度のその他の応募も審査の結果非常に高レベルであると判断され、Andrew Graham、Andy Cook、Ray Baxter、Christoph Goldenstern、Martin Wingから成る審査団は、以下の応募者に特別賞を授与することを決定しました。

オペレーショナル・エクセレンス部門 特別賞受賞者

ラドリエア・サンタフェ (コロンビア)
Flavio Capasso(KT Andina)推薦

ラドリエア・サンタフェは、コロンビアの大手レンガ会社で、その生産プロセス全体でパフォーマンスの改善に取り組みましたが、特に市場が再び活性化して成長し始めたとき、コストが上昇し、遅れが発生するようになりました。KTの問題解決・意思決定力強化の研修を受けた工場のマネジャーとスーパーバイザーは、最も緊急性の高い問題に着手しました。プロセスの実施から2か月で、ひとつのラインの生産率が6%向上し、別のラインでは不良品発生率が56%減少しました。現在までの改善の成果を合計すると、年間の売上の125万米ドル増につながる見込みです。

単独活用部門 特別賞受賞者

NECトーキンエレクトロニクス(タイ)
Sudarat Poopuang(KT)
Tawkiat Noisomlee(KT)
Thanachai Kanjanarat(KT)
推薦

タイの大手タンタルコンデンサメーカーであるNECトーキンエレクトロニクスは、増加する製品への注文に対処するという課題に直面し、KTの決定分析および潜在的問題分析プロセスを導入して生産プロセスのボトルネック(溶接)を取り除きました。決定分析の実施により、リスクを最小に抑えたまま、チームが効率よく協力して技術面での様々なオプション(タイプII溶接)を検討できるようになりました。チームは生産を向上させるために単に2台目の機械を導入する代わりに、操作の簡単な機械を選び、これによってオペレーターの効率性が向上し、予定通りの納品ができるようになって、顧客満足度が向上しました。NECトーキンでは生産能力も5%増加し、毎月2.5%のコスト削減が実現しました。

単独活用部門 特別賞受賞者

ジョンソン・コントロールズ
Sam Bernstine(KT)推薦

ジョンソン・コントロールズ(JCI)は、パワー・ソリューションズ、ビルディング・エフィシェンシー、オートモーティブ・エクスペリエンスの3つの部門で製品とサービスを提供しています。ジョンソン・コントロールズの社員はKTの問題解決・意思決定力強化の研修を受け、上級マネジャーの多くがKTプログラムリーダーの資格を持っています。JCIの「トリプル資格」は、JCMSリーン、シックス・シグマ、ケプナー・トリゴーから成っています。最近では、KTの決定分析の導入により、JCIはソフトウェア供給者の選択で500万米ドルの節約を実現しました。JCIのリーダーシップはポジティブな成果を出すため、会社全体でKTプロセスを積極的に活用しています。


受賞者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。

KTのラショナルプロセスツールを活用することで、皆様の組織で大幅な業務の改善が実現しました。

おめでとうございます!

これらの企業で達成された成果は、KTツールの力、そしてKTツールの活用者がその組織にもたらす価値を示したものです。

皆様の成果にお祝い申し上げます。

トレーニング