優れた問題解決や意思決定へ導く「合理的思考プロセス」とは

 
優れた問題解決が出来る人とはどのような人材でしょうか?問題や課題を効率的に解決する人とは、たとえそれがプレッシャーのかかる状況であっても、問題を冷静に考察し、速やかに原因を究明し、効果的な解決策を実行できる能力がある人のことです。その為に必要な批判的思考(クリティカルシンキング)スキルはご存知でしょうか?ここではそれについて学んでいきましょう。
 
約60年前、ケプナーとトリゴーは、米軍における1500件にも上るビジネス上の意思決定や問題分析の事例を研究し、効果的な意思決定や問題分析を実践するための 思考・判断プロセスの究明に取り組みました。その結果が「Rational Process(合理的思考プロセス)」=ケプナー・トリゴー・メソッド(KT法)として体系化され、広く企業組織で活用され確実な成果を生み出す思考プロセスとして世界中の企業・組織に浸透しました。
 
 合理的思考プロセス:ケプナートリゴーメソッド(KT法)
 
  • 状況把握 - 複雑な問題を整理し優先順位を付け、解決までの具体的なアクションプランを策定する
  • 問題分析 - 必要な情報を主体的に集め、迅速に真の原因を究明する
  • 決定分析 - 意思決定の目的を整理し、その目的に合致した最適な解決策(案)を決定する
  • 潜在的問題分析 - 計画や解決策を実行する上のリスクを把握し、能動的に対策を打つ
  • 潜在的好機分析 - 業務上に起こり得る好機を予測し、その好機を発生する可能性を最大化する
 
「合理的思考プロセス」とは、空欄を埋めるよう指示された、単なるテンプレートやソフトウェアではありません。このプロセスに沿って思考し、結論を出すことで自信を持ってその結論に基づいた行動に取り組むことが出来ます。
 
問題解決をする上で、なぜなぜ分析(5つのなぜ)、特性要因図、FTAを用い、シックス・シグマを実践しましたか?ケプナー・トリゴーの合理的思考プロセスを用いることで、既存のツールを全て補完し、より高いレベルの問題解決の組織へと導きます。
 
合理的思考プロセスのトレーニングについて詳しく知りたい方はこちらへ
トレーニング